コロナウイルス感染症対策について

■協会行事で催す各種大会には、県協会の指示に基づき、日本ソフトボール協会が指導するコロナウイルス感染予防対策の競技ガイドライン対応を競技役員および参加選手に求めています。
3密(密閉、密集、密接)にならない様、会話、発生、運動の際に十分な距離を保つこと、相手の感染を防ぐためのマスク着用、会場の入退場での消毒励行のほか、競技参加者の名簿「コロナ対策健康管理表」の作成提出を行っていただいています。
「コロナ対策健康管理表」には、住所、氏名、年齢、連絡先、朝の体温を記載していただき、競技役員(試合会場審判主任)へ提出してください。(用紙は以下のとおり)試合当日に37.5度以上の発熱のある場合には、チーム責任者への連絡を行ったうえで、参加を控えていただいています。

令和4年度のチーム登録、変更届出等の手続きに必要な書式。

「選手登録・変更用紙」
年度登録後の選手登録の追加、変更の場合の書式です。(競技規則 16)
①リーグ(トップ、女子、シニア、ハイシニア)のグループでは、試合当日の15日前までの総務委員長に提出しなければなりません。
②クラブ男子、壮年・実年のグループでは、各大会の抽選会当日までに総務委員長に提出しなければなりません。ただし、選抜大会については選手の変更はできません。

「チーム登録名簿」
全チーム対象として年度初めに提出します。(規約第23条1)提出時期、提出場所などは別途協会の指示に従ってください。登録チームは1名以上の公認審判員を有することが必要です。(規則第23条7)登録時に公認審判員が不在の場合でも、別途協会の案内する審判登録会等への参加で公認審判員資格取得が可能です。

「在勤者名簿」
相模原市在住であることまたは相模原市が勤務地であることが、登録の条件です。(規則第23条2)

「二重登録者名簿」
チーム編成で、男子リーグ、クラブ1部から4部までのグループと壮年・実年、シニア、ハイシニアまでのグループの二つのグループ間での二重登録ができます。(規則第23条6)

■「チーム代表者・評議員・連絡責任者名簿」:
登録チームには、毎年登録申請時にチーム代表者、評議員、連絡責任者の届出をお願いしています。協会運営に関する重要事項の伝達、報告に連絡体制を作ります。個人情報は、協会の「個人情報保護宣言」に基づき管理使用します。

80歳功労者の表彰推薦について

当協会は、永年協会に所属した80歳を超えた選手について表彰することにしています。この表彰はチームからの推薦によるものとなります(表彰規定・表彰申し合わせ事項の6.個人表彰)